てがみ座|劇作家 長田 育恵主宰

てがみ座について

劇作家 長田 育恵(日本劇作家協会所属・井上ひさし氏に師事)を主宰として2009年に旗揚げ。
戯曲を根本にして立ち上げる演劇を基軸とし、上演作品に応じて、演出家・出演者・スタッフを集い、多彩な才能とコラボレートするスタイルをとる。戯曲は、確かな構成力と心の揺れ動きを丁寧に紡ぎだす台詞、世界観を描き切る筆致に定評がある。

人の生命がきらめく、言葉に本当の意味が宿る瞬間。
「詩(うた)」が立ち上がるその瞬間を捉えたいと願う。

===主な公演実績===

■「ありふれた惑星」(2009年)
2009年 佐藤佐吉賞 優秀舞台美術賞(杉山至) 受賞
      後援:国際宇宙年2010 日本委員会

■「乱歩の恋文」(2010年)
『シアターアーツ45号』(2010年12月下旬発売) 戯曲全文掲載
2010年 佐藤佐吉賞 優秀主演女優賞(西田夏奈子) 受賞
2010年 佐藤佐吉賞 優秀助演男優賞(稲葉能敬) 受賞
2011年 『第22回テアトロ新人戯曲賞』最終選考
2011年 公益財団法人せたがや文化財団/世田谷区
    『シアタートラム・ネクストジェネレーションVOL.4』
     公募1枠に選抜決定(応募総数46劇団)

■「線のほとりに舞う花を」(2011年)
2011年 佐藤佐吉賞 優秀主演男優賞 (井上一馬) 受賞
2011年 佐藤佐吉賞 優秀衣装賞 (吉田健太郎[yu-GEN CRaFTS]) 受賞
2011年 佐藤佐吉賞 特別賞:ジャンベ生演奏(ナリテツ) 受賞

■「青のはて―銀河鉄道前奏曲―」(2012年)
第16回 鶴屋南北戯曲賞ノミネート(長田 育恵)

■「空のハモニカ」(2013年)
2013年 第21回 読売演劇大賞 最優秀スタッフ賞(杉山至)受賞
     [杉山至「国語の時間」・「空のハモニカ」の舞台美術にて受賞]

■「地を渡る舟」(2013年)
第17回 鶴屋南北戯曲賞ノミネート(長田育恵)
第58回 岸田國士戯曲賞ノミネート/2月19日発表(長田育恵)

■「地を渡る舟」(2015年)
第70回 文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞(長田育恵)

■「蜜柑とユウウツ―茨木のり子異聞―」(2015年/外部作品)
第19回 鶴屋南北戯曲賞受賞(長田育恵)

■「対岸の永遠」(2016年)
読売演劇大賞2016 上半期作品賞

ページ上部へ